キャッチコピーで心をつかもう!Webライティング実践テクニック【書評23歩目】

この記事は約4分で読めます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

この記事を読めば、人の目をひいて心をつかむ「キャッチコピー」を作れるようになります。

こた
こた

人の心に響くキャッチコピーをつけたい!

こたママ
こたママ

ブログのアクセス数を増やしたい!

そんな人にオススメなのが本書。

スポンサーリンク

感覚ではなく、技術で確かなキャッチコピーを作れる。
10年通用する確かなWebライティングの技術を身に付けられる!

honto( https://honto.jp/netstore/pd-book_26564415.html )より写真引用

技術評論社発行 鈴木良治『SEO対策のためのWebライティング実践講座』(2015年)

こたパパ
こたパパ

本書から、効果的に読者の心をつかむキャッチコピーを作る方法について紹介します。

◆感覚に頼るライティングではダメ

Webライティングの目的は、「商品を売る」「ファンを増やす」「会員を獲得する」など、非常に明確な成果が目的ですよね?

より早く目的を達成するためには、今まで自分が習得してきた文章感覚に頼らず、再現性の高い方法を利用するのが近道です。

文学作品など人によって受け取り方が違ったり、感覚を刺激する曖昧なものとは違うんだ!目的を達成するためのライティングなんだ!という意識で書いていきましょう!

◆キャッチコピーの役割

広告の効果は50〜75%が見出しで決まるといわれているそうです!

こた
こた

キャッチコピーの善し悪しでWebサイトの成果が変わるほど影響力があるんですね。

《一般的なキャッチコピーの目的》

ターゲットの注意を引く➡︎興味を持たせる➡︎行動を起こさせる

 キャッチコピーは、見た人に気づかれなければ意味がありません。そのためにも、まず、注意をひくインパクトが必要です。次に、コンテンツや対象の商品に興味を持ってもらう必要があります。そして、そのまま目的のアクションを行ってもらえれば、キャッチコピーの目的は達成されます。

132Pより引用
こた
こた

目的のアクションとは例えば、商品の購入、会員登録などです。

ではWebコンテンツでキャッチコピーは、どこに表示するのか?

  • 検索結果の一覧
  • 各ページのタイトル

に表示しましょう!

 もちろん広告を出しているのなら、そこも対象になりますが、Webコンテンツのキャッチコピーは検索結果において「このページを見たい」と思わせてクリックさせること、そして、Webサイトの訪問者に、「このコンテンツは面白そうだからしっかりと読んでみよう」と思わせることをゴールとして作成されます。

133Pより引用

スポンサーリンク

◆厳選!好奇心をくすぐる4つの実践方法

◎エピソード

興味をひきそうな成功談や失敗談を盛り込んで、読者の好奇心をくすぐる。

こた
こた

読者が自分自身に照らし合わせてイメージしやすいんだね!

《例》
もっと前に知っておきたかった!犬の口腔ケア。

◎疑問「なぜ」「どうして」

読者に、答えや解決策を知りたい!気になる!と思わせます。

こた
こた

解決策を知るために、読んでみよう!となるね。

《例》
どうして必要?犬の歯磨き。

◎理由「〜の理由」「〜のわけ」

さきほどの疑問とは逆に、「答え」を明らかにして好奇心をくすぐります。

こた
こた

これを読めば理由がわかるんだ!と安心して読み進められるね。

《例》
犬の口腔ケアが愛犬を長生きさせる理由。

◎警告「注意」「警告」

インパクトが強く、いかがわしいイメージを与えてしまう恐れもあるので、目的を見極めて慎重に使うようにしよう!

《例》
警告!愛犬に長生きしてほしい人は必見。


◆まとめ

いかがでしたか?

今すぐ使えること、難しいテクニックはいらないことで厳選して紹介しました。

こたママ
こたママ

私は、キャッチコピーの奥深さに興味が湧きました!

キャッチコピーで成果が左右されるのかもと思うと、短い言葉に込める気持ちに力が入りますね…!

他にも本書ではWebライティングに欠かせないSEO対策についても詳しく紹介されています。

この記事ではキャッチコピーだけをピックアップして紹介しましたが、他にも

  • そもそもSEO対策とは何か?
  • Webライティングの2つのゴール
  • Webライティングの流れをチェックする
  • アクションにつながるキーワードを作る
  • 「勝てる」キーワードか競合をチェックする
  • コンテンツを魅力的にする「編集」

などなど、どれも今すぐ使えて為になる情報ばかりです。

Webライティングを極めてみたい!という人はぜひ読んでみてくださいね♪

こたくんファミリー
こたくんファミリー

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

書評・レビューランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
この記事を書いた人は・・・
こたママ

30歳、ブログ運営で収入を得たい!専業主婦です。

お花が咲いたま♪埼玉県に同学年29歳の夫と、9歳の愛犬と一緒に住んでいます。
現在結婚1年目、大好きな夫と甘えんぼの愛犬と少しも離れずに生活したくてブログ運営をはじめました。
外で雇われずに2人と1匹、生活できるかな?

何度も同じ本を繰り返し読む読書が大好きです。
犬の鳴き声「わん」と私がブログを書く原動力となっている本(BOOK)を組み合わせて「わんブック」と名付けました。
共立女子短期大学卒業。

軽度うつを経験し文章から離れていた時期もありましたが、やっぱり文章を読むのも書くのも好きで、ブログ運営を毎日楽しんでいます。

2019年6月 わんブック運営開始

こたママをフォローする
書評
わんブック
タイトルとURLをコピーしました