大林素子さんは身長がコンプレックスだった『大林素子流チャンスの法則』

この記事は約4分で読めます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を読めば、大林素子さんの『自分ルール』がわかります。

誰でも今すぐできて、夢に近づく方法がわかります。

honto( https://honto.jp/netstore/pd-book_27528212.html )より写真引用

泰文堂発行 大林素子『チャンスの法則』(2015年)

スポンサーリンク

日本人初のバレーボールプロ選手、大林素子さんの本です。

こた
こた

高身長のスラリとした体型はコンプレックスの塊だったそうです。

この記事では本書の内容から、大林素子さん流、夢に近づく方法について抜粋して紹介します。

こた
こた

では、見ていきましょう!

◆著者:大林素子さんについて

 大きいことでのイジメや差別、好奇の目、言葉の暴力・・・・・・と子どもの頃から苦しんできた私、コンプレックスの塊人生でした。

11Pより引用

あの元気いっぱい、笑顔が眩しい大林素子さん。
大きい身長も大林素子さんだけのチャームポイントだと思ったら、苦しんできた過去があったんですね…。

 誰も助けてくれることのない闇の世界から抜け出せたのは、究極のコンプレックスをバネに、生きるために見つけ出した『自分のルール』があったからなんです。
 (中略)
 この本は、『ネガティブ人間の書くポジティブ本』なのです。

そのコンプレックス人生から抜け出せたのは、究極のコンプレックスをバネにして大きくジャンプするという、大林素子さんならではの『自分ルール』があったからだそうです。

『自分ルール』を見つけ出すことができたことでも『コンプレックスがあって良かったかも』と思ってもいいのではないでしょうか?

こた
こた

前向きに捉えることが大切だね!

◆今日やってみたら、明日もできる!

人間はどうしても「楽」をしたい生き物ですよね。

それはいつもいつも悪い意味ではなくて、長い人類の歴史でも「楽」を追求したから便利なものが溢れた世界ができています。

ですが今回は、「努力」と「楽」の話。

こた
こた

「努力」というとキツいイメージや、ちょっと面倒そうな感じ。

延ばせる「努力」はできるだけ先に延ばしてしまった…、きっとみなさんも経験ありますよね。

でも!これからは少しだけでも行動してみませんか?

 「今日できたことは、明日もできる」
 つまり、今日、「エイヤッ」と勇気をもって取り組めば、明日もきっと頑張れるのです。
 しかも「自信がつく」というおまけつき。

96Pより引用

「努力」を前にすると、大きな壁が目の前にあるような、決心して進まないと越えられないような気がしますが、そんなに構える必要はありません。

とにかく始めてしまった人の勝ち。

 「努力の先送り」は「チャンスの先送り」と同じことです。
 「努力の先送り」より「楽の先送り」。
 今日できたことは、明日もできる!

96Pより引用

せっかく目の前にあるチャンスを掴まないで先送りにしてしまったら、もう2度とそのチャンスと縁がなくなってしまうかもしれません…!

「今だ!」と思ったらすぐに行動できるフットワークの軽さをいつも大切にしたいですね。

スポンサーリンク

◆夢のステージに乱入する

願いが叶いますように…と星にお願いして待っているだけでは願いはなかなか叶いません。
自分で動いて掴みに行くほうが早く叶います。

プライドはかなぐり捨てて、夢に乱入するぐらいの覚悟で夢を実現するんです!

覚悟というか・・・・・・私は実際、乱入しましたから(笑)

232Pより引用

大林素子さんは39歳で女優デビューされています。

実際に体験した成功体験を元に、乱入するくらい本当に叶えたい夢は、自分で掴みに行け!と背中を押してもらえますね。

◆まとめ

  • 「楽の先送り」
  • 乱入する!
    この2つを紹介しました。

他にも本書では、

  • ハッタリでも、「私、やります!」と言う
  • 自分が想像し得る「最低」より悪いことは起こらない
  • 精神的ダメージは、「最低の日」を思い出す
  • 自分の役割を自覚し、ブランディングする
  • 「似たような人がいない」という付加価値をつける

など、コンプレックスをバネにチャンスを掴む法則をたくさん紹介しています。

気になった方はぜひ、本書を手にとってみてください。

こたくんファミリー
こたくんファミリー

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村


書評・レビューランキング
この記事を書いた人は・・・
こたママ

30歳、ブログ運営で収入を得たい!専業主婦です。

お花が咲いたま♪埼玉県に同学年29歳の夫と、9歳の愛犬と一緒に住んでいます。
現在結婚1年目、大好きな夫と甘えんぼの愛犬と少しも離れずに生活したくてブログ運営をはじめました。
外で雇われずに2人と1匹、生活できるかな?

何度も同じ本を繰り返し読む読書が大好きです。
犬の鳴き声「わん」と私がブログを書く原動力となっている本(BOOK)を組み合わせて「わんブック」と名付けました。
共立女子短期大学卒業。

軽度うつを経験し文章から離れていた時期もありましたが、やっぱり文章を読むのも書くのも好きで、ブログ運営を毎日楽しんでいます。

2019年6月 わんブック運営開始

こたママをフォローする
マインド
わんブック
タイトルとURLをコピーしました