千田琢哉「集中力を磨くと、人生に何が起こるのか?」【書評Lv.58】

この記事は約4分で読めます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

集中力を磨くと、人生に何が起こる??

集中力を磨くことのメリットとは??


パッと思いつくだけでも、集中力があれば仕事や勉強に思い切り打ち込める、効率アップ…などが考えられますよね。

この記事では、どんな集中法があるのか見ていきたいと思います!



この記事で紹介する本は、こちら!

学研プラス 千田琢哉「集中力を磨くと、人生に何が起こるのか?」(2016年)

集中力を磨くと、人生に何が起こるのか?「成功する人」が持っている目標実現のスキル52【電子書籍】[ 千田琢哉 ]
created by Rinker
¥1,188 (2019/12/09 09:15:58時点 楽天市場調べ-詳細)

スポンサーリンク

なぜ集中力なのか?

一流になるためには、勝てなそうな土俵で無理するよりも、自分の得意なジャンル・勝てそうな土俵で戦うことが1番です。

例えばあなたはテニスが得意、友人は卓球が得意だとします。

あなたが勝つためには、テニスで勝負したほうがいいですよね?

それでも、勝てそうな土俵で勝負していても、同じような才能を持った人たちがどんどん集まってくるでしょう。

同じような人たちのかたまりの中で、どう1番に抜きん出るか?

そのためには「集中力」を発揮することが重要になってくるんです。

「集中力」を極限まで引き出して、自分の実力を発揮することで、その他大勢から抜きん出ることができます。

一流と二流の違い?

一流と二流の違いは、なんだと思いますか?

集まってくる「人」と「お金」の違いです!

一流と二流は紙一重ですが、その紙一重の差を全身全霊で極めているのが一流の人間です。

本書の内容まとめ

「自分」に集中

他人との勝負をしていると、1番になることができず、敗北を味わうことがどうしても多くなってしまいます。

1番になれなかった、という事実は思わぬほど自分にとってストレスになっています。

ですが、ここで「他人」との勝負ではなく「昨日までの自分」との勝負を進めています。

昨日までの過去の自分との勝負なら、ストレスを感じることなく前進していくことができます。

昨日よりも確実に前進できていることは何かしらあります。

他人と比べるよりも、過去の自分をドンドン成長させていくほうが成長度合いも自分で確認しつつ、ノンストレスで前だけ向くことができますよね!

他人との関係でできているピラミッド構造からは抜け出しましょう。

人より上を目指すのではなく、過去の自分より上を目指すほうが効率的・ノンストレス・集中できますよ。

ピラミッド社会から雲上社会に引っ越すために必要なのは、
唯一あなたの覚悟だけだ。
サラリーマンでも経営者でも芸術家でも、
職業に関係なく、自分と競争することは可能だ。

21ページより引用
スポンサーリンク

「仕事」

こた
こた

憧れの人が集中している姿を真似してみよう!

そうすると、あなたは周囲から仕事を楽しんでいるように見える。
仕事を楽しんでいるように見えると、周囲から応援されやすい。
つまり仕事が成功しやすく、出世もしやすいというわけだ。

67ページより引用

自分の憧れる人、カッコいいな〜と思う人の真似をして行動してみると、モチベーションも劇的に上がります。

特に、キツい仕事や雑用・泥臭い仕事などをカッコよくこなす姿は特に際立ちます。

私は映画「キューティー・ブロンド」の主人公、エル・ウッズが大好きなので、真似して行動してみます♡

「勉強」

社会人の勉強は、「ご褒美」です!

なぜなら、もう自分の自由に勉強することができるから。

学校の勉強って、無理に押し付けられてしていた勉強もありましたよね?

対して興味もない勉強ほど苦痛なものはなかったと思います。

でも、大人になってからの勉強は自分の興味のあるものだけを好きなだけ勉強することができるんです。

こた
こた

昔は興味なかったけど、社会人になってから興味が出ることもあるよね。

それに、どんな勉強であってもそれが仕事に繋がります。

例えば、取引先の人が歴史好きな人で、歴史の話が弾んだ♪など。

我慢してする勉強なら、しないほうがマシです。

自分の好きな分野をどんどん深堀りして、ご褒美にするのが正解です♡

「人間関係」

人を認めてあげられるようになろう!

人を認めるためのポイントは3つ。

その人の口から頻繁に出る話題を見つけよう。

その話題を多くするということは、その人はその分野に興味を持っているということ。

そして、その分野内でも嫌いな人や嫌いなものがいないか注意深く話を聞いてみましょう。

例えば、サッカーが好きだけど、嫌いなチームがいるなど。

嫌いなものを知っていると、地雷を踏むことがなくなります。

そして、その人の好きな人や好きなものをもっとよく知り、その人がそのものにふさわしいということを認めてあげれば、かなり気分を良くすることでしょう♡

そのときに、わざとらしくではなく本心から認めてあげられるように鳴ると言いですよね。

ホンモノのリーダーは、人を認めてあげて、しっぽを振らせてあげる人です。

スポンサーリンク

「恋愛」

行き過ぎた束縛は、よくありません。

浮気するつもりなんてなくても、行き過ぎた束縛をされると浮気したくなってしまうからです。

人間にとって、自由を奪われることは何よりも苦痛な地獄です。

孤独な時間を奪われてしまうことは、自分を磨くための時間をなくすことです。

自分が輝くために自分の時間を大切にするだけでなく、恋愛相手の輝きを失わないためにも、お互い一人の時間は大切にしたいですね♡

輝く人と、衰退する人は共存することはできません。

片方だけが輝いて、片方は衰退していくと、そのうち一緒にいられなくなってしまいます。

どうせなら、二人ともが輝ける関係でいたいですね♡

こたくんファミリー
こたくんファミリー

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました!

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
この記事を書いた人は・・・
こたママ

30歳、ブログ運営で収入を得たい!専業主婦です。

お花が咲いたま♪埼玉県に同学年29歳の夫と、9歳の愛犬と一緒に住んでいます。
現在結婚1年目、大好きな夫と甘えんぼの愛犬と少しも離れずに生活したくてブログ運営をはじめました。
外で雇われずに2人と1匹、生活できるかな?

何度も同じ本を繰り返し読む読書が大好きです。
犬の鳴き声「わん」と私がブログを書く原動力となっている本(BOOK)を組み合わせて「わんブック」と名付けました。
共立女子短期大学卒業。

軽度うつを経験し文章から離れていた時期もありましたが、やっぱり文章を読むのも書くのも好きで、ブログ運営を毎日楽しんでいます。

2019年6月 わんブック運営開始

こたママをフォローする
倫理学書評
わんブック
タイトルとURLをコピーしました