将来が不安なのに貯金ができない原因とは?不安を解決する思考法

この記事は約6分で読めます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事は、将来が不安なのになぜか貯金できない女性に向けて書いています。




将来が不安。

年金問題のことや消費税増税などもあって、国も信用していいのか不安。




親が年をとったら?

自分が病気になったら?

不安は尽きないですよね。

よーーーーくわかります。




でも、嫌なことは先延ばしにしたい…と目をつぶっちゃう気持ちも、とてもよくわかります。

今日は、お金の不安を少しでも取り除けるように、この本を参考にして記事をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

貯金0でも「お金に強い女(ひと)」になれる本/笠井裕予/北端康良【1000円以上送料無料】
created by Rinker
¥1,540 (2019/11/19 11:54:15時点 楽天市場調べ-詳細)

経済界発行 笠井裕予 北端康良『貯金0でも「お金に強い女」になれる本』(2018年)

貯金0でも強くなれるの?

お金に「強い」ってどういう意味?




それではさっそく、みていきましょう!

お金に強くなるために大切なこと

お金に向き合おう

私たちは、育った環境や親のお金の使い方に強い影響を受けています。

そのせいで、大人になってからお金の問題を抱えている人が多いんです。




お金に悩まされたり、振り回される人生を断ち切るために今できることは、過去の家庭環境や親の考え方を受け止めて、自分から意識的にお金と向き合おうとすることです。




お金にこんなに悩んでしまうのは、お金の本当の意味や性質を理解していないから。

今まではお金に振り回されていても、本当の意味と性質を理解したら、お金に対して強い人になることができます!

お金はただの道具

お金は、幸せになるための道具です!

あなたはお金という道具を上手に使いこなすことができます。




あなたは手の中でボールペンが自分の思い通りにならずに、変なところにひっちゃかめっちゃか書いちゃう!なんて事態になりませんよね?

ちゃんとボールペンを握って、書きたいところに、書きたいことを書ける。




それと同じで、お金を握っているのもあなたです。

あなたがお金を使うのであって、お金に振り回されてはいけないんです。

ボールペンとおんなじだと思えば、難しくなさそうでしょう?




ただ、お金というイメージが大きく見えてしまっているだけなんです。

お金が足りない・貯まらないのは、「無意識」の思い込みのせい

お金に「弱い」人とは?お金さえあればって思ってない?

お金に弱い人とは、何かをしているときでも常にお金の問題が頭から離れない人。

お金のことを考えるとブルーな気分や落ち着かない気持ち、不安になってしまう人のこと。




そして特徴的なのが、「お金さえあれば」が口癖になってしまっていることです。

口に出さなくても、頭の中で

「お金さえあればやりたいことができるのに」

「お金さえあれば今の仕事をすぐにでも辞めるのに」

「お金さえあれば幸せになれるのに」

と考えてしまうクセがついていませんか?




お金に縛られてしまっている状態なら「お金に弱い人」になっています。

スポンサーリンク

無意識に狭くしている?「お金のビリーフ」とは

お金について絶対的に信じていることが「お金のビリーフ」です。

お金に対して「思い込んでいる」ことと言い換えることもできますね。

これは無意識のうちに持っている思考なんです。

誰だって、お金に対してポジティブな気持ちを持ちたいと思いますよね。




でも、お金に弱くなっている状態だと、どうしても無意識に狭い視野になっています。

人生の選択肢を狭めている状態は、「お金をかけなければ◯◯できない」という思考になっているので、自分の行動を制限しチャンスを逃している、非常にもったいない状態です!

お金のビリーフが違うだけで、お金が貯まるか貯まらないか、お金を稼げるか稼げないかまで大きく変わってしまいます。

浪費の原因は「お金の感情整理」ができていないこと

質問です。

「自分なりにがんばっているのに、どうして余裕のある生活ができないんだろう?」

『貯金0でも「お金に強い女」になれる本』 28ページより引用

この言葉に共感できますか?




もし、共感できるなら、今のあなたはお金のビリーフにとらわれている可能性が高いです!

でも大丈夫。




「今の」あなたはお金のビリーフにとらわれて苦しんでいるかもしれないけど、今気づけたことでこれからの行動は変えることができます。

これからの行動を変えることができれば、お金に強い人になることができます。

まずは自分がお金のビリーフにとらわれていることに気づけたことが大切です。


お金のビリーフにとらわれていると、悪循環を起こす可能性がとても高いです。

毎日ヘトヘトになるまで働いて疲れた自分、毎日節約してカツカツの生活に疲れた自分へのストレス解消のために、本当はそれほど欲しくないものでも買ってしまったり、今を楽しむためだけのお金の使い方をしてしまいます。

これでは、酷い悪循環ですよね。




働いた分・節約した分をそれほど大切でないものに使ってしまって、貯金ができないんです。

お金が持つ「万能感」

なぜそんな悪循環になってしまうのか?

それは、お金が持っている「万能感」に毒されているからだそうです。




お金はどんなものとも交換できる力のあるものです。

そのため、

「お金は全てのものの中で最も価値のあるもの」

「お金があればなんでも手に入れられる、お金は1番高価なもの」

と思いやすくなっているのです。




さらに万能感は心理学で、「自分の人生に不満を感じているときに湧き出てきやすい感情」と言われています。

何かに不満を抱えているとき、ストレスがたまっているとき、やけ気味にお金を使ってしまうことってありますよね。

お金を使うことで、自分に力があると思えるような気分になります。

不満があっても、ストレスがたまっても、お金さえあれば大丈夫と思ってしまうのは危険です。




お金で人生の不満足感を取り去れば取り去るほど、「お金の方が私よりも価値がある」とお金に弱い人のビリーフを強化することになってしまうのです!


お金の万能間に支配されてしまい、自分の人生の問題を全てお金で解決しようとするのは、幸せなこととは思えませんよね?

お金に強い人になると決心する

今までのお金のビリーフがお金に弱い人のそれだったとしても、安心してください!あなたは変わることができます!




お金のビリーフは過去の家庭環境や親の考え方で決まることが多いですが、ずっと同じものを持ち続けるわけではなく、自分自身の考え方で変えていくことができるんです。

最初は今までと異なる考え方をするのは受け入れ難くて難しいかもしれません。

誰だって、今までと環境を変えるのは不安だし、面倒に感じちゃいますよね。




でも、お金に強い人になりたいと本気で望むなら、今すぐにお金に強い人になる決心をしましょう!

決心をする理由には2つあります。

 ひとつは、お金に強い人は自分のことは他人まかせにはせず「自分で決める」から。もうひとつは、お金に強い人はどこに誰といても「自分の軸で生きている」からです。

『貯金0でも「お金に強い女」になれる本』 56ページより引用

幸せは他人が決めるものではなく、自分で決めることですよね。




自分という人間がどんな幸せを人生に待とうかは自分で決めていいんです。

お金のビリーフを変えて行くことで、自分がなりたい自分になることができます。

決心をした女性から、どんどん自由に幸せになれますよ。

スポンサーリンク
この記事を書いた人は・・・
こたママ

30歳、ブログ運営で収入を得たい!専業主婦です。

お花が咲いたま♪埼玉県に同学年29歳の夫と、9歳の愛犬と一緒に住んでいます。
現在結婚1年目、大好きな夫と甘えんぼの愛犬と少しも離れずに生活したくてブログ運営をはじめました。
外で雇われずに2人と1匹、生活できるかな?

何度も同じ本を繰り返し読む読書が大好きです。
犬の鳴き声「わん」と私がブログを書く原動力となっている本(BOOK)を組み合わせて「わんブック」と名付けました。
共立女子短期大学卒業。

軽度うつを経験し文章から離れていた時期もありましたが、やっぱり文章を読むのも書くのも好きで、ブログ運営を毎日楽しんでいます。

2019年6月 わんブック運営開始

こたママをフォローする
お金持ち思考
わんブック
タイトルとURLをコピーしました