【怒り対処法】金川顕教「怒らない人の頭の中 年収1億円の人の怒らない生き方」【書評Lv.42】

この記事は約5分で読めます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

この記事は、今よりもっとお金持ちになりたい人に向けて書きました。

感情と収入に関係はあるの?

あるんです!

スポンサーリンク

参考にした本

怒らない人の頭の中 年収1億円の人の怒らない生き方 [ 金川顕教 ]
created by Rinker
¥1,650 (2019/12/10 15:11:33時点 楽天市場調べ-詳細)

サンライズパブリッシング発行 金川顕教『怒らない人の頭の中 年収1億円の人の怒らない生き方』


収入と怒りやすさの関係

「成功したければ、怒ってはいけません」

なぜ?

これは外から見ると、とてもわかりやすいと思います。




あなたは「怒っている人」を見たとき、どんな気持ちになりますか?

「嫌だな…」「関わりたくないな…」「みっともないな…」など。

思い浮かぶのは負の気持ちだと思います。




「怒る人」に共通しているのは間違いなく「人望がない」点です。

怒りっぽい人であればあるほど、人が離れていきます。

…悲しいですね。




1億円を稼ぐほど成功する人は、人とのつながりを大切にしています。

いい仕事も、いい出会いも、人を通じて自分のところにやってくることを知っているのです。

成功の礎とも言える、人と人のつながりの中で、壁となってしまうのが「怒り」の感情なんです。




収入と怒りやすさには、明らかな相関関係があります。

年収が低い人ほど怒りやすく、年収が高くなるほど怒らなくなります。
本当です!

これは、心の余裕の違いです。




成功を目指し、根本的な発想を変えて行けば、無理をしなくても自然に怒らなくなっていきます。

私もあなたも、怒らずに済む毎日を送れるようになります。


怒ることのデメリット

怒ることのデメリットについて、改めて振り返ってみましょう。

怒ることでお互いに嫌な気持ちになることは当たり前ですが、デメリットがこんなにたくさんあるんだと思うと、怒るのがバカバカしくなっちゃいますよ。


怒ると人が離れていく

怒りを人にぶつけると、その怒りが何倍にもなって、時には恨みや憎しみも伴って返ってきます。

怒りは人間関係を破壊するのに最もパワーのある感情です。

親しい間柄であっても、一度怒りを爆発させてしまうと、しばらく関係がギクシャクしてしまいますよね?

そのまま関係が終わってしまうことだってあります。




「お金持ち」は「人持ち」でもあります。

周りにたくさんの人がいて、自分のサポートをしてくれて、困ったことがあれば助けてもらえる。

そういう人だからこそ、たくさんのお金を稼げるのです。




ビジネスにつながる人脈を広げる際に必要なのは、「信頼」です。

怒りをすぐに表に出す人に信頼を感じませんよね?

いつも怒って人に当たり散らしていたり、人を傷つけている人が信頼されるわけありません。




人が離れていくほど、成功する確率は下がります。

もし、間違いをしてしまった人がいて注意をしたいということでも、闇雲に怒り倒すのではなく、相手の立場になって理解を示し、気持ちに寄り添って導いてあげる、それで十分うまくいくし、成功している人はそうしているのです。


怒るとミスが増える

頭に血が登ると、ミスが増えます。

私も経験があるので、よくわかります。

特に怒っているときのタイピングなんて、酷いものです。

今だから笑っちゃいますが、本当にあれは時間の無駄、効率が悪いとしか言いようがありません。




頭を冷やせば、もっと冷静に作業ができたのに。

判断をするような場面なんて、もっと大変ですよね。

大事な決断をする時に、頭に血が登っていて冷静な判断を下せなかったら…。




成功者にそんなミスはありません。

いつも冷静でいるためにも、頭はクールに感情に振り回されずにいたいですね。

スポンサーリンク

とっさの怒りの対処法

怒らないように、心に余裕を持つように。




そう気をつけていても、人は突然変われませんよね。

とっさにムカッときてしまうことは誰にでもあります。

そのときこそ、自分は1億円のほうに近づくか、低収入に近づくのか問われているんだと思いましょう!


できごとへの意味づけを変える

あなたがお店でりんごジュースを頼んだとします。

でも、間違ってオレンジジュースが出てきてしまいました。

そこであなたが、そのことに対してどのような意味づけをするかが問われます。

「なんでりんごジュースじゃないんだ!ありえん!!」と怒ってしまうか、「最近ビタミンCが足りてなかったな、オレンジジュースで良かったかも♪」と楽天的に捉えるか。




「怒る」のは自分自身で意味づけを怒りに向けてしまっているから。

起きているできごとは1つですが、受け取り方は何通りもあります。

その中から「怒る」のを選択してしまうのは自分自身だったりするんですよね。




ここで心の余裕の見せ所です!

常にポジティブな意味づけをする練習をする。




最初は特に、それが本心からでなくてもポジティブに考えることが大切です。

そのうち、本当にそう思えるようになると信じてニコニコしている人の方が素敵でしょう?


尊敬する人になりきる

自分の尊敬する人なら、「イラッ」とするできごとが起きたときにどんな態度をとるかな?

と考えることで、かなり落ち着きます。

私も映画の女優さんなど、こんな風になれたら素敵だな〜と思う人を想像してみると、やっぱり素敵な人って怒りに任せて態度に表したりしないんですよね。

だから憧れるんですね。




あなたの尊敬する人は、嫌なことがあったときにどんな態度をとると思いますか?

怒りに任せて喚き散らしたりするような人ですか?

深呼吸しながら、あなたも尊敬する人になりきってみましょう!


まとめ

収入と怒りやすさの関係から、怒ることのデメリットととっさの対処法についてまとめましたが、いかがでしたか?

ぜひ参考にしてみてくださいね。

怒りに関する記事を、他にも書いています。

こたくんファミリー
こたくんファミリー

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
この記事を書いた人は・・・
こたママ

30歳、ブログ運営で収入を得たい!専業主婦です。

お花が咲いたま♪埼玉県に同学年29歳の夫と、9歳の愛犬と一緒に住んでいます。
現在結婚1年目、大好きな夫と甘えんぼの愛犬と少しも離れずに生活したくてブログ運営をはじめました。
外で雇われずに2人と1匹、生活できるかな?

何度も同じ本を繰り返し読む読書が大好きです。
犬の鳴き声「わん」と私がブログを書く原動力となっている本(BOOK)を組み合わせて「わんブック」と名付けました。
共立女子短期大学卒業。

軽度うつを経験し文章から離れていた時期もありましたが、やっぱり文章を読むのも書くのも好きで、ブログ運営を毎日楽しんでいます。

2019年6月 わんブック運営開始

こたママをフォローする
書評
わんブック
タイトルとURLをコピーしました