髪を白く維持する方法!ホワイトヘアーを綺麗に長持ちさせる

この記事は約3分で読めます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

この記事を読めば、流行のホワイトヘアーを綺麗に維持するための方法がわかります。

スポンサーリンク

ホワイトヘアーといえば、その透明な軽やかさから今大人気のヘアスタイルですよね。

ストレートでシャープな演出にしても、妖精のような華やかな巻き髪にしても◎。

性別を問わず今大人気のホワイトヘアーですが、ハイブリーチと高度な技のカラーでせっかく綺麗な白にしても、綺麗な白を維持するのが大変じゃないですか?

こたママ
こたママ

私も初めてホワイトにブリーチしたときは、黄色味のない透明感のある白を維持することがこんなに大変なのか!と驚き、困ってしまいました。

やはり、せっかく綺麗な白にしたんだから1日でも長く維持したいですよね。

そこで今回この記事で、ホワイトヘアーを長く維持し、髪の痛みを抑える方法をまとめました。

ホワイトヘアーにする前の方でも、既にホワイトヘアーの方でも、この情報を知っていれば安心です。

ぜひ最後まで記事を読んで、ホワイトヘアー生活を満喫してもらえたら嬉しいです!

◆絶対に避けたいこと

◎シャンプー後そのままにしない

しっかりと乾かすようにしましょう。

濡れた髪の毛はキューティクルが開いていてとても傷みやすい状態です。

もし濡れたまま寝ちゃうようなことがあったら……

濡れた髪はギシギシと枕で擦られて…恐ろしいことになります。

夏はドライヤーを使うのも暑くてシンドいですが、がんばりましょう!

乾かす際には洗い流さないトリートメントを使用すると、さらに効果的です。

また、ドライヤーを近くで当て続けるのも熱で傷む原因となるので、髪から少し離して手で温度を確認しながら乾かしましょう。

ポイント

  • 濡れた髪のままにしない
  • 洗い流さないトリートメントを使う
  • 少し離したところからドライヤーを当てる
  • 乾いたらそれ以上ドライヤーを当てない

◎ヘアアイロンは最低限に抑える

ヘアアイロンを使うのは最低限にし、熱から髪を守る耐熱用のカールローションなどを使用しましょう。

温度は低めの150℃がおすすめです。

毎日高温でアイロンを使うと、ブリーチをしていない髪でも傷みます。

こた
こた

ブリーチした髪が受けるダメージは更に大ダメージ!!

スカスカになった髪がヘアアイロンによって更に傷つくと、溶けて切れてしまうこともあります!

ポイント

  • ヘアアイロンの使用は最低限にする
  • カールローションなど、熱から髪を守るアイテムを使う
スポンサーリンク

◆積極的にしたいこと

◎乾燥対策

マスクやトリートメントで定期的に髪を労わってあげましょう!

サロンでのトリートメントももちろん有効ですが、ホームケアも大切。

日々の努力の上に綺麗なホワイトヘアーが成り立っていますよ!

◎紫外線対策

紫外線用ヘアケア用品などを使う。

髪も日焼けをして傷んでしまうんです!

今の時期は紫外線がギラギラ。

例えば、この炎天下の季節に日焼け止めを塗らずに無防備なスッピンで外に出ませんよね?

出たら、どうなるかは想像できますよね。

日焼けして、乾燥した肌になってしまいます。

髪用紫外線ケア用品はドラッグストアなどでも取り扱っていますので、チェックしましょう!

◆まとめ

綺麗なホワイトヘアーを保つために、絶対に避けたいことと積極的にしたいことをまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

避けるべきことをちゃんと避け、できることは積極的に取り組む姿勢があれば、綺麗な髪を維持していけますよ。

ぜひ参考にして、綺麗な白を維持して楽しんでください!

スポンサーリンク
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村


書評・レビューランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
この記事を書いた人は・・・
こたママ

30歳、ブログ運営で収入を得たい!専業主婦です。

お花が咲いたま♪埼玉県に同学年29歳の夫と、9歳の愛犬と一緒に住んでいます。
現在結婚1年目、大好きな夫と甘えんぼの愛犬と少しも離れずに生活したくてブログ運営をはじめました。
外で雇われずに2人と1匹、生活できるかな?

何度も同じ本を繰り返し読む読書が大好きです。
犬の鳴き声「わん」と私がブログを書く原動力となっている本(BOOK)を組み合わせて「わんブック」と名付けました。
共立女子短期大学卒業。

軽度うつを経験し文章から離れていた時期もありましたが、やっぱり文章を読むのも書くのも好きで、ブログ運営を毎日楽しんでいます。

2019年6月 わんブック運営開始

こたママをフォローする
未分類
わんブック
タイトルとURLをコピーしました