【要注意】中古マンション購入時の注意点【失敗しない】

この記事は約4分で読めます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

マンションの購入・・・夢が膨らみますよね。

夢のマイホームは一生に1度の大きな買い物かもしれないので、失敗しない物件選びをしたいものです。

そこでこの記事では、マンションを購入すると決めたら、失敗しないためにチェックするところはどんなところなのかまとめていきたいと思います。

物件情報を集めるときのチェックに、ぜひ役立ててください。

スポンサーリンク

まずは立地を選ぼう

通勤や通学に便利な場所か?

駅までの距離は?


スーパーや、コンビニは?

銀行・郵便局・役所などは?

内科・小児科・動物病院などは?

保育園や学校、公園は?


道幅や車の往来は激しいか?

夜の街灯などはあるか?

治安は良いのか?

こた
こた

各都道府県警が犯罪マップを公開しているから、確認してみよう!

災害リスクに備えよう

一生安心して住み続けられるマンションを買いたいと思うなら、いつ起こるかわからない災害リスクにも注意しましょう。

こた
こた

その土地でどのようなリスクがあるのか理解して、納得して買いたいよね!


後で知って後悔しないためにも、買う前から災害リスクをチェックしましょう!

災害って、具体的に何に備えるの?

地震大国の日本だから、地震はもちろん、洪水や最近は集中豪雨で起こる水害も問題ですよね。

できるだけ、被害を受けにくい場所を選ぶことがポイントです。

また、いざ災害が起こったとき、避難場所は近くにあるのか必ず確認するようにしましょう。

この際、ペットがいるご家庭はさらに注意が必要です。

避難場所に一緒に入れない場合もあるので、受け入れてくれる場所をよく確認しておくようにしましょう!

こた
こた

ボクと一緒に避難できるところをチェックしてね。

どうやって確認するの?

各自治体が「ハザードマップ」というものを公開しています。

被害を受けにくい地域がどうか、ハザードマップで確認してみましょう。

こた
こた

不動産会社でもハザードマップを用意していることが多いので、もらえるか聞いてみよう!


また朝日新聞のHPで、大地震発生時の地盤の揺れやすさを調べられるシミュレーターも公開していますよ。

その土地の災害リスクを確認したら、次は部屋ごとに災害リスクを確認します。

スポンサーリンク

耐震基準

耐震基準が見直されたのは1981年6月1日です。

この日以降に建築確認を受けた建物に対しては新耐震基準が適用されています。

海抜の高い部屋

洪水や津波などの水害リスクを考えると、海抜の高い部屋を選ぶのがいいでしょう。

同じマンション内でも、階数が上の部屋を選ぶことが対策になります。

ライフスタイルの変化に備えて、資産価値を気にしよう

転勤や子どもの成長などでライフスタイルが変わったとき、住み替えが必要になることもありますよね。

こた
こた

今は一生住むつもりでも、何年、何十年先の将来はどうなるかわからないね。


その際に少しでも高い値段で売れる物件を選ぶのも大切です。



基本的に、不動産に定価というものはなく、様々な要素で値段が変動していきます。

買いたいと思われる物件であるかどうかが大きなポイントです。



立地条件は良いか、建物の住環境は良いか、管理体制がきちんとされているかよく見られます。

こた
こた

中でも、マンションの市場価値は、立地で決まることが多いよ!


建物自体の価格は、築年数が古くなると下落していきますが、土地の価格は経年によってあまり変わりません。

東京都心部へのアクセス性と、駅から徒歩何分かが問題になります。

駅からの距離が徒歩15分を超えると、需要は大きく下落すると言われています。



立地条件は良いか、建物の住環境は良いか、管理体制がきちんとされているかを見るときには、

マイナス要素がないかどうかを中心にチェックします。



「駅から徒歩30分かかる」

「管理会社の対応が遅い」

といったマイナス要素があると、資産価値は下がります。



けれど、中には

「駅前の混雑が苦手だから駅から離れた方が嬉しい」

「子どもが苦手だから保育園や学校は近くにない方がいい」

という買い手がいたり、買い手の判断基準によるので、

一概にこれはいい、これはダメとは言えませんね。

いかがでしたか?

失敗しないマンション選びのために、

  • 立地が自分の理想の生活に合っているか
  • 災害リスクに備えられそうか
  • 先を見据えた資産価値

の3点を紹介しました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

こたくんファミリー
こたくんファミリー

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
この記事を書いた人は・・・
こたママ

30歳、ブログ運営で収入を得たい!専業主婦です。

お花が咲いたま♪埼玉県に同学年29歳の夫と、9歳の愛犬と一緒に住んでいます。
現在結婚1年目、大好きな夫と甘えんぼの愛犬と少しも離れずに生活したくてブログ運営をはじめました。
外で雇われずに2人と1匹、生活できるかな?

何度も同じ本を繰り返し読む読書が大好きです。
犬の鳴き声「わん」と私がブログを書く原動力となっている本(BOOK)を組み合わせて「わんブック」と名付けました。
共立女子短期大学卒業。

軽度うつを経験し文章から離れていた時期もありましたが、やっぱり文章を読むのも書くのも好きで、ブログ運営を毎日楽しんでいます。

2019年6月 わんブック運営開始

こたママをフォローする
マンション
わんブック
タイトルとURLをコピーしました