運転免許の自主返納。検討のサインについて

この記事は約5分で読めます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

運転免許自主返納って何?

運転免許の自主返納とは

運転免許が不要となった場合に、自主的に運転免許の全部または一部を返納することができる制度です。

高齢者ドライバーが返納するイメージがあると思いますが、返納に年齢制限はないので、免許が不要になれば若い人でも返納できます。

ただし、自主返納ができない場合もあります。

  • 免許停止処分中
  • 免許取り消し中
  • 運転免許証の有効期限が切れている
  • 停止や取消処分の基準等に該当する場合

運転はしないけれど、身分証明書として運転免許証を持っている、という人も多いと思います。

運転免許を返納すると、かわりに「運転履歴証明書」と呼ばれる書類をもらうことができ、この証明書が身分証明書になりますよ。

スポンサーリンク

運転経歴証明書

運転免許を返納した日から5年間さかのぼって、運転の履歴を証明する書類です。

安全運転に努めてきた証明や記念にもなりますね。

平成24年4月1日以降に給付されたものは、公的な身分証明書としていつまでも使用することができますし、地域によってさまざまな特典を受けることができます。

⦅ 注意 ⦆ただし、身分証として対応していない機関もあるので事前に確認するようにしてください。

運転経歴証明書をもらわずにすでに返納してしまったよ!という人も、大丈夫。

運転経歴証明書は、返納後5年以内であれば、交付手数料1,100円と一緒に申請することができます。

増加している返納率

近年、高齢者の交通事故が話題になったことなどを受けて自主返納する人が増えています。

すでに、ここ10年間で約12倍にも増加しています。

高齢者の免許返納数が増加している背景には、政府が施策をとっていることも挙げられます。

高齢者の死亡事故は若年運転者の2倍もあり、問題視されているので、免許を返納することで特典を受けられるなど、返納したくなるような仕組みを作っているんですね。

返納のメリット

運転経歴証明書がもらえる

身分証明書として使える他にも、提示するとバスや鉄道が半額や無料になったり、タクシー料金が10%割引になったり、いろいろな施設などで割引が使えるようになります。

自治体によって内容はさまざまなので、事前に確認してみてくださいね。

事故を起こすリスクが減る

車を運転しないことで、自分が事故を起こすことはなくなります。

車の維持費が必要なくなる

車検や車税など、車にかかる費用が必要なくなります。

返納のデメリット

交通の便が悪くなる

気軽に車で出かけられなくなります。
公共の交通機関が整っていない地域は特に不便になるでしょう。

重い荷物を運べなくなる

お米など重いものを買いたいときに、車で運べないと不便になりますね。

家族に負担をかける

家族に車での送り迎えをお願いするなど、家族への負担がかかります。

認知症が進む場合もある

車の運転をしないことで記憶力や判断力が鈍ったり、車の運転をしなくなったら認知症が突然進んでしまった事例もあります。

ここまでデメリットを挙げてきましたが、不便を感じた場合はまた再取得することができます。

ただし、もともと持っていた免許は返納した時点で失効になるので、車を運転したい場合はまた一から取りなおさなければならず、試験なども受けなければなりません。
一度返納した場合、再取得するのはあまり現実的ではないようです。

スポンサーリンク

特典について

それでは、免許を返納した場合に受けられる特典についてもう少し詳しくみていきたいと思います。

若者でも特典を受けられる?

運転免許の返納は年齢にかかわらず行うことができますが、特典を受けられるかどうかは特典の内容によります。
一般的には、特典を受けるには65歳以上と決まっていますが、特典は自治体や民間業者によって違いますので、事前に確認してみましょう。

特典を受ける方法

  • 運転経歴証明書の提示が必要
  • ○○市在住
  • 満○○歳以上
  • 事前申請が必要
  • 自主返納の返却から○ヶ月以内
    など、内容によってさまざまな条件があります。

主催している自治体、民間業者が条件を定めているため、内容によって違うのです。

どんな特典があるの?自治体と民間

特典には、「自治体主催の特典」と「民間主催の特典」の2つがあります。

自治体主催の特典例

《交通》
市営、県営のバス割引
市営、県営電車の割引
指定タクシー業者の運賃10%割引

民間主催の特典例

《家具・家電》
補聴器の購入費用を割引
電動車イスの購入費用を割引

《日用品》
商店街の購入費用を割引

《レジャー》
テーマパークの入園料を割引
ホテルの宿泊料を割引
温泉、銭湯の入浴料を割引
美術館、博物館の入館料を割引

《美容》
美容院の利用料金を割引

《お金》
信用金庫などで定期預金の金利を上乗せ

運転技術の衰えの目安

最後に、免許を返納する目安にするために、返納を検討するサインについてまとめていきたいと思います。

高齢者ドライバーの目安としては、もみじマークをつけるようになる70歳がひとつの目安です。
その他にも、視界が前よりも悪くなったり、反応が鈍くなってきたと感じるようになったら、返納を検討しましょう。

政府広報オンラインで、自主返納のサインとして、以下を挙げています。

□左右のウインカーを間違って出したり、ウインカーを出し忘れたりする
□歩行者や障害物、他の車に注意が向かないことがある
□カーブをスムーズに曲がれないことがある
□車庫入れのとき、塀や壁をこすることが増えた
□信号や標識を無視して通行することがある
□右左折時に、歩行者や対向車などをよく見落とすようになった など

政府広報オンラインより引用

まとめ

免許の自主返納は、本人の自覚も大切ですが、周囲の人が運転の不安に気づいてあげることも大切です。

車を運転できることは便利なこともたくさんある分、1度の事故が取り返しのつかないことになる危険性もあります。

ぜひ検討する機会を持ってみてはいかがでしょうか?

こたくんファミリー
こたくんファミリー

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

この記事を書いた人は・・・
こたママ

30歳、ブログ運営で収入を得たい!専業主婦です。

お花が咲いたま♪埼玉県に同学年29歳の夫と、9歳の愛犬と一緒に住んでいます。
現在結婚1年目、大好きな夫と甘えんぼの愛犬と少しも離れずに生活したくてブログ運営をはじめました。
外で雇われずに2人と1匹、生活できるかな?

何度も同じ本を繰り返し読む読書が大好きです。
犬の鳴き声「わん」と私がブログを書く原動力となっている本(BOOK)を組み合わせて「わんブック」と名付けました。
共立女子短期大学卒業。

軽度うつを経験し文章から離れていた時期もありましたが、やっぱり文章を読むのも書くのも好きで、ブログ運営を毎日楽しんでいます。

2019年6月 わんブック運営開始

こたママをフォローする
雑学
わんブック
タイトルとURLをコピーしました