【2020新年】年賀状のマナーとネットスクウェアの印刷について

この記事は約3分で読めます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

もうすぐ、令和最初のお正月がやってきますね♪

年賀状の準備はできましたか?

早い人だと、9月頃から準備している人もいるそうです!

私は年末が近づいてからいつも慌てて準備するタイプです…。




でも、最近は本当に便利な世の中になりました!

ネットスクウェアの年賀状印刷なら、必要な枚数だけスマホで簡単にポチッと注文ができますよ。

LINEなどで簡単に年始の挨拶ができる時代ですが、だからこそアナログな年賀状で形に残る思い出を作るのも印象に残りますよ♪




簡単に年賀状印刷ができるネットスクウェアの基本情報と、年賀状のマナーをまとめます。

2020年の年賀状を出す方は、ぜひひとつの選択肢として参考にしてみてください♡

ネットスクウェアの割引制度なども利用して、お得に年賀状を作ってみてくださいね!

こた
こた

では、さっそく年賀状のマナーから見ていこう!

スポンサーリンク

年賀状のマナー

年賀状とは

日頃お世話になっている方々に宛てて、新年をお祝いする言葉を使い、昨年の感謝と新年も変わらないお付き合いをお願いする挨拶状です。

近年ではメールやLINE、SNSで挨拶を簡単に済ませることができますが、年賀状の配達件数は激減していません。

このことから、年賀状は日本人にとって特別な挨拶状であることがうかがわれますね。

年賀状には何を書くのか

賀詞(がし)

新年をお祝いする言葉。

大きな文字で目立つように書きます。

謹賀新年、迎春、など

本文

謝辞

日頃の感謝の言葉。

昨年も大変お世話になりました、など

祈り

健康や幸福などを祈る言葉。

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます、など

お願い

今年も変わらぬ付き合いをお願いする言葉。

今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます、など

日付

新年の年号。

令和2年 元旦、など

いつからいつまでに届くようにするのか

元日(1月1日)から松の内(1月7日)までに届くようにします。

理想は元日、三が日(1月3日まで)のうちに届くようにしましょう。

1月7日を過ぎる場合は、「年賀状」ではなく「寒中見舞い」にします。

寒中見舞いに年賀はがきは使えません。

元日に配達してもらうには

2019年12月15日(日)から2019年12月25日(水)までにポストに投函、または郵便局に持ち込みます。

なお、ポストに投函する場合には「年賀はがき専用投入口」に投函しましょう。

喪中はがきが届いたら

年賀状は控え、挨拶状をいただいたお礼として「喪中見舞い」を送ります。

最近は、お悔やみの言葉と一緒にお線香やお花などを送る人も増えています。

喪中に年賀状をもらったら

1月8日以降に「寒中見舞い」を送りましょう。

スポンサーリンク

「ネットスクウェアの年賀状印刷」基本情報

印刷料金

  • 支払金額は印刷料金とはがき代のみで、基本料金なし

  • 送料無料

  • 1枚単位で注文可能

会員登録不要でカンタン見積もりもできますよ♪
https://nenga.print-netsquare.com/info/price/

注意点

  • カラーデザインを白黒で印刷することはできない

  • 注文後の枚数変更はできない

  • キャンセルは、注文後2時間以内であれば可能

  • 印刷種類・写真の変更はできないので、キャンセルして再度注文する必要がある

  • インクジェット年賀はがきには対応不可

  • 年賀はがきの持ち込みは受付していない

  • 配達日の指定はできない

支払い方法

  • クレジットカード
  • 代金引換

割引制度

リピーター15%割引

ネットスクウェアを昨年利用したことがあるリピーター限定の15%割引です。

昨年利用した際のメールアドレスを入力すると、クーポンが配布されます。

注文ページ

購入期限:2019年12月27日(金)まで

スポンサーリンク

おわりに

いかがでしたか?

「令和」と記す最初の年賀状、楽しんでくださいね♡

こたくんファミリー
こたくんファミリー

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いた人は・・・
こたママ

30歳、ブログ運営で収入を得たい!専業主婦です。

お花が咲いたま♪埼玉県に同学年29歳の夫と、9歳の愛犬と一緒に住んでいます。
現在結婚1年目、大好きな夫と甘えんぼの愛犬と少しも離れずに生活したくてブログ運営をはじめました。
外で雇われずに2人と1匹、生活できるかな?

何度も同じ本を繰り返し読む読書が大好きです。
犬の鳴き声「わん」と私がブログを書く原動力となっている本(BOOK)を組み合わせて「わんブック」と名付けました。
共立女子短期大学卒業。

軽度うつを経験し文章から離れていた時期もありましたが、やっぱり文章を読むのも書くのも好きで、ブログ運営を毎日楽しんでいます。

2019年6月 わんブック運営開始

こたママをフォローする
未分類
わんブック
タイトルとURLをコピーしました