稼ぐ力をつけるためにやめるべき3つのNG行動

この記事は約4分で読めます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

稼ぐ力を手に入れたいって思いますよね。

どんな仕事に就いていても、稼ぐ力を持っていればどこでもやっていける。

こた
こた

そんな自信がほしい!

稼ぐ力を手にするたったひとつの方法 [ 加谷珪一 ]
created by Rinker
¥1,650 (2019/11/22 15:34:46時点 楽天市場調べ-詳細)

今回この記事では、『稼ぐ力を手にするたったひとつの方法』を参考にして、稼ぐ人とは真逆の、NG行動ばかりしている人とはどんな人かについてまとめていきたいと思います。

自分を振り返ったり、「周りにいるいる、こういう人!」と楽しみながら読んでみてください。

スポンサーリンク

3つのNG行動

すぐに「でも」と反論する

怒られたり、クレームをつけられた時に「でも」とすぐに反論する人。

これは「稼ぐ力」を失う可能性があります。

稼ぐ人になりたいなら、少し冷静になって自分を振り返るくせをつけたい!




怒られると、落ち込むし、イライラすることもあります。

でも、そこをグッとこらえて、どういう振る舞いをするのが適切なのか考えられるようにしましょう。




相手が何を考えて怒っているのか、こちらにどんな態度をしてほしいのか考えることは、人が求めるものを察知する能力をつける練習になります。

稼ぐには、人が求めるものを理解できた方がいいですよね。




怒られたときにいきなり「でも」と反論して、良いことなんて1つもありません。

こた
こた

デモデモダッテ星人はやめましょう!


態度が変わる人

あなたの言動は、あなたが思っている以上に周囲に伝わっているものなんですって。




例えば、近くに苦手な人がいないことを確認したところで悪口を言うとか。

でも苦手な人にいざ会うと、そんなことなかったかのように良い顔をする人。

あなたの周りにもいませんか?




あれ?少し身に覚えがあったりして…。




苦手な人を会社の上司に例えてみましょう。

言い換えると、上司はあなたを評価してくれる「お客さん」です。

だって、上司から良く思われなかったら仕事にも支障が出て、稼ぐ力をつける上で大きな壁となってしまいます。




では、良く思われるために重要なのは…?

それは「安心感」です。

裏表ない人であること、態度が一貫した人でいること。




どのビジネスでも、ビジネスだけでなく友人や家庭の人間関係でも、基本のキですよね。

つい忘れがちなポイントなので、気を緩めずにいましょう!

こた
こた

確かに、人によって態度が違うのって伝わるし、嫌われるよね〜。

スポンサーリンク

いつも不機嫌そう

稼ぐ人になるには、いつも不機嫌そうに見えるマイナス要素は避けるべきです!

感情をすぐにオモテに出さないようにしたいですね。

自分が想像する以上に、感情は表情やオーラになって現れて、人に伝わってしまうものです。




そこで、自分が不機嫌になったときの表情を鏡で良く確認し、その時の自分自身の感覚をよく覚えておくことをオススメしています。

感覚をよく覚えておけば、次第に鏡を見なくても「あ、今嫌な顔をしちゃっているな」と感覚でわかるようになって、より気をつけることができますね。




不機嫌さを相手に感じさせないようにするには、口調をコントロールするのも効果的!

無理に穏やかな口調にするとかえって不自然なので、普段の口調を事務的なテキパキとしたものに変えてしまうことをオススメします。

最初はきつく感じてしまうかもしれませんが、仕事の場ではテキパキと受け答えできる方が好感を持てますよね。




また、自分の不機嫌さを出さないようにするのと一緒に、相手の不機嫌さにも注意を払うようにしたいもの!

相手に申し入れをして受け入れてもらえないときの多くは、相手の機嫌のタイミングがあるようです。

説得が上手な人は、相手の機嫌のタイミングを見計らって絶妙なタイミングで話を持ちかけます。




自分のマイナスになる不機嫌さは隠し相手の不機嫌は察知して、稼いでいきたいですね。

稼ぐ力をつけるためにやめるべき3つのNG行動、まとめ

いかがでしたか?

  • すぐに「でも」と反論
  • 態度がすぐ変わる
  • 不機嫌

この3つのNG行動をしないようにして、稼げる力をつけていきましょう!

基本的なことに感じますが、意外と自分や自分の周囲を振り返ってみると、できていない人が多いように感じます。




今日からNG行動は避けて、周りと差をつけていきましょう!

こたくんファミリー
こたくんファミリー

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

この記事を書いた人は・・・
こたママ

30歳、ブログ運営で収入を得たい!専業主婦です。

お花が咲いたま♪埼玉県に同学年29歳の夫と、9歳の愛犬と一緒に住んでいます。
現在結婚1年目、大好きな夫と甘えんぼの愛犬と少しも離れずに生活したくてブログ運営をはじめました。
外で雇われずに2人と1匹、生活できるかな?

何度も同じ本を繰り返し読む読書が大好きです。
犬の鳴き声「わん」と私がブログを書く原動力となっている本(BOOK)を組み合わせて「わんブック」と名付けました。
共立女子短期大学卒業。

軽度うつを経験し文章から離れていた時期もありましたが、やっぱり文章を読むのも書くのも好きで、ブログ運営を毎日楽しんでいます。

2019年6月 わんブック運営開始

こたママをフォローする
マインド
わんブック
タイトルとURLをコピーしました