文章の書き方。黄金文型を使えば文章はすぐに書ける!

この記事は約4分で読めます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を読むと、黄金文型が理解でき、さっそく文章を書きたくなります。

スポンサーリンク

本書、およびこの記事は、次の人に読んでもらいたいです。

・ビジネス文書とは何なのかわからない
・ブログに、何を書いたらいいかわからない
・文章を書くのに、すごく時間がかかる
・1000字も文章を書けない
・つまらない文章になっていないか、不安になる
・何から書き出していいのか、わからない

などなど…。

文章って、子どもの頃から書いてきたものなのに、自信がない人って多いですよね。

honto( https://honto.jp/netstore/pd-book_28007920.html )より写真引用

大和書房出版 樋口裕一『文型を使えば、短くわかりやすく迷わず書ける!「伝わる文章力」がつく本』(2016年)

こた
こた

あなたが少しでも自信を持って文章を書けるように、この記事では本書より黄金の文型を紹介します。

まずは、著者がどのように文章に携わっている人なのか紹介します。

◆著者:樋口裕一さんについて

これまで200冊を超す著書を出版し、読んだ文章はその数百倍に上るという。

翻訳家として活動しつつ、小学生から社会人までを対象とした小論文指導に携わり、独自の指導法を確立している文章のプロ。

通信添削による作文・小論文専門塾『白藍塾』の塾長も務める。

文章についての知識と、文章添削にかなりの技術と知識を持っている方なので、文章についての不安は樋口裕一さんの著書を読めば、解消されること間違いなし!

私もブログを書くにあたって、本書に出会えて良かったです。

いくつになっても人との円滑なコミュニケーションをする上で大切な、文章術。

こたママ
こたママ

この機会に身につけない手はないですよ!

それでは、黄金文型10項目についての中から3つを紹介します。

スポンサーリンク

◆黄金文型

知らないうちに、読んでいると自然と納得させられる魔法の言い回しがあります。

伝わる文章が書ける人は、そういった言い回しをたくさん知っている、ただそれだけです。

今から紹介する言い回し(文型)を自分のものにして自然に使うことができるようになれば、あなたの文章力は今よりも格段にレベルアップします!

①「結論からお伝えします」

 まず結論から始めることで、伝えたいこと、または、伝えるべきことを相手にダイレクトに伝えられる。少なくとも「何が言いたいのだろう?」と、相手を戸惑わせたりイライラさせたりすることはなくなるわけだ。

84Pより引用

相手が知りたいことをズバリ最初に書く。

それに続けて、そう主張した理由や根拠などを示すだけ!

ぶしつけな印象にならないように注意することが大切です。

こた
こた

その後を読んでくれなくなってしまう恐れも…!

②「確かに…しかし…」

読み手を説得できる万能な文型!

 自分が何かを語るとき、「私はこう考える」と言っただけでは、相手を説得するのは難しい。そこで、この文型を「確かに、それに反する面がある。しかし、私はこう考える」というように用いる。

91Pより引用

自分が主張しようとしていることの反対意見を示した上で、それを切り返して自分の意見を示し、持論を強く主張できる!

③「理由は3つ」

ダラダラ書き続けてしまうのを防止するために、言いたいことは〇〇個であることを先に言ってしまう!

原則として、問題点を3つ以上並べる時は「説得力の弱い順」に並べよう。

 だんだんと説得力の弱いものになっていくと、読んでいる人は期待を裏切られた気持ちになる。

103Pより引用

◆まとめ

この記事では、黄金文型3つを紹介しました!

こた
こた

どれも今すぐ使えるものばかりなので、ぜひ使ってみてください♪

黄金文型については本書では10項目挙げられていて、黄金文型の他にも「ベーシック文型」「メリハリ文型」などが紹介されています。

例文と一緒に載っているので、ぜひ本書でもっと文章力を身につけてみてください!

こたママ
こたママ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村


書評・レビューランキング
この記事を書いた人は・・・
こたママ

30歳、ブログ運営で収入を得たい!専業主婦です。

お花が咲いたま♪埼玉県に同学年29歳の夫と、9歳の愛犬と一緒に住んでいます。
現在結婚1年目、大好きな夫と甘えんぼの愛犬と少しも離れずに生活したくてブログ運営をはじめました。
外で雇われずに2人と1匹、生活できるかな?

何度も同じ本を繰り返し読む読書が大好きです。
犬の鳴き声「わん」と私がブログを書く原動力となっている本(BOOK)を組み合わせて「わんブック」と名付けました。
共立女子短期大学卒業。

軽度うつを経験し文章から離れていた時期もありましたが、やっぱり文章を読むのも書くのも好きで、ブログ運営を毎日楽しんでいます。

2019年6月 わんブック運営開始

こたママをフォローする
文章力
わんブック
タイトルとURLをコピーしました