ネガティブでもすぐ実感!幸せのクセづけ脳科学【49日で幸せ体質に】

この記事は約4分で読めます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が参考になる人

  • 妄想しやすい人
  • 落ち込みやすい人
  • ネガティブ思考の人
スポンサーリンク

今回この記事では、秋の夜長にちょっぴり寂しい気持ちになっちゃう人に注意したいことを紹介したいと思います。




外が暗くなる時間にひとりでいると、いろんなことを思い悩んでしまいますよね。

たまにはそういう夜があってもいいけれど、それがいつもになっていたら要注意!




脳の構造的に、注意しなければいけないことがあるんです!


参考にした本

ちょっとしたことで大切にされる女 報われない女男と女の「脳の違い」を知ればうまくいく!【電子書籍】[ 黒川伊保子 ]
created by Rinker
¥649 (2019/11/14 11:59:12時点 楽天市場調べ-詳細)

三笠書房発行 黒川伊保子『ちょっとしたことで大切にされる女 報われない女』


妄想は幸せを遠ざける!

女性脳は右脳と左脳をつなぐ脳梁(のうりょう)が太く、さまざまな情報が連携しやすくなっています。

それはとてもよいことなのですが、ちょっと困ったこともあります。

それは、左脳を使いすぎて「妄想」が肥大化しやすいこと。




ちょっとしたことが気がかりになって、どんどん自分の頭の中でぐるぐると思い悩んでしまうこと、ありませんか?

「彼に送ったライン、ちょっとそっけなかったかな」
 ➡︎
「気に障って怒っていたらどうしよう」
 ➡︎
「返事がまだない…、嫌われちゃったのかな」

などとモヤモヤしてしまうこと、恋愛だけじゃなくてもありますよね。

これは女性にありがちな、幸せを遠ざける癖なんです。




マイナスのスパイラルにハマってしまったら、すぐに頭のスイッチを切り替えること!

難しく感じますが、

「自分は女性らしいんだ」
「女性らしい脳の働きが、私をこんな考えにしているだけだ」

と割り切って、スイッチを切り替えるようにしましょう。

だって、幸せで満たされている女性はモヤモヤと妄想で落ち込んだりしないはずですよね?

たまにはそういう日があっても、すぐに切り替えられるカッコいい女性でいましょう!


クセがついてしまう!

ネガティブな妄想を繰り返すと、脳の回路に電気信号が流れやすくなり、ネガティブなことを考えやすくなるクセがついてしまいます。

ネガティブ思考な人は、生まれつきというよりも長年の考え方でクセがついていると言っていいでしょう。




せっかくクセをつけるなら、ポジティブなクセをつけた方が絶対に楽しいし、ラクになれるのが想像できますよね?




でも、ネガティブな考え方がすでにクセづいているあなたがすぐにポジティブになるのは最初は難しいですよね。

いきなりポジティブにって、ほんと難しいです。

でも、最初だけ。

ポジティブなクセをつけるエクササイズだと思えば、きっとがんばれるはず。

マイナスよりもプラスに考えて、良い想像を繰り広げちゃうくらいでいた方が、ずっと笑顔でいられますよ。


同じように、反省することにも注意が必要です。




ミスしてしまったことを反省して、同じ失敗を繰り返さないように対処法を考えることはいいことなのですが、何度も何度もミスの場面を繰り返し思い返しているとミスをしたことが脳の失敗回路にクセづいてしまい、また同じミスをする可能性が高くなります。

例えば、ゴルフで「こう打ったのは失敗だったな…」としつこく思い返すのはダメ!

失敗した打ち方をずっと反復することになってしまいますよ。




ミスしたシーンよりも、「こうすればうまくいく!」とうまくいくシーンを何度も思い描くことで、成功回路を強化していきたいですね。


脳はいろんなことを考えるし、すごいスーパーコンピューターですが、意外と単純なんです。

うまく利用して、自分の都合のいいようにクセづけていきましょう!

スポンサーリンク

幸せのクセづけ脳科学まとめ

いかがでしたか?




モヤモヤと嫌な妄想をするのは幸せを遠ざけます。

さらに、それがクセづくと厄介なことになってしまうので、クセづけるならポジティブなものに変換していきましょう!




脳を上手に利用することで、今まで以上に毎日を過ごしやすくなるといいですね。


黒川伊保子さんの本を他にも紹介しています。

こたくんファミリー
こたくんファミリー

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
この記事を書いた人は・・・
こたママ

30歳、ブログ運営で収入を得たい!専業主婦です。

お花が咲いたま♪埼玉県に同学年29歳の夫と、9歳の愛犬と一緒に住んでいます。
現在結婚1年目、大好きな夫と甘えんぼの愛犬と少しも離れずに生活したくてブログ運営をはじめました。
外で雇われずに2人と1匹、生活できるかな?

何度も同じ本を繰り返し読む読書が大好きです。
犬の鳴き声「わん」と私がブログを書く原動力となっている本(BOOK)を組み合わせて「わんブック」と名付けました。
共立女子短期大学卒業。

軽度うつを経験し文章から離れていた時期もありましたが、やっぱり文章を読むのも書くのも好きで、ブログ運営を毎日楽しんでいます。

2019年6月 わんブック運営開始

こたママをフォローする
マインド
わんブック
タイトルとURLをコピーしました