健康維持やダイエットにスロージョギングがおすすめ【やり方】

この記事は約4分で読めます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

健康やダイエットのために運動をしたいと思っているけど、何か手軽にできてそんなにキツくない運動ってないかな?

提案

スロージョギングがオススメ!

理由は3つあります。

  • 速い速度で歩こうとすると競歩のようになってしまい、体中のあちこちがキツくなってしまいますが、
    遅い速度で走る場合、動作に無理が生じないのでラク。

  • 自分の体力に合わせて自由に速度を調整できる。

  • 同じ速度で歩くよりもより多くのエネルギーを消費する。
スポンサーリンク

スロージョギングのやり方

ポイントはたった2つ

  • 笑顔を保てるラクなペースで、とにかくゆっくり走る

  • 歩幅はできるだけ狭くして、足の指の付け根あたりでトントンと着地する(フォアフット)

走り方のコツ

まずは足踏みから

最初はその場でトントンとリズミカルに足踏みしましょう♪

その際、意識して膝を高く上げる必要はありません。

足の先がほんの少し地面から離れる程度で大丈夫です。

運動会の入場行進を思い出してみてください。

全員が入場し終わるまで、音楽に合わせてその場で軽く足踏みをしながら待った時のようにトントンと足踏みです。

足踏みに慣れてきたら、少しずつ前に出てみます。

最初は10cmほど、脚を前に出してみましょう。

目安としては、歩く時の倍の歩数で小刻みにトントンとスローペースでジョギングします。

ニコニコ笑顔を保てる速度

スロージョギングでは、息切れしないニコニコ笑顔で走れる状態をキープします。

とは言っても、ジョギングというと自然に速度が出てしまう人がほとんどなので、思い切って「遅い!」と感じるほどゆっくり走ってみましょう。

コツは、ニコニコ笑顔のままできるだけ速く「歩いて」みて、その速度よりやや遅めに走ることです。

初心者の場合は時速で言うと、4~5km程度で走りましょう(1kmを12分から15分)。

スロージョギングの速度は、歩幅で調整します。

速度を遅くしたいときには歩幅を小さく小刻みにし、速度を上げる場合には歩幅を広くします。

自分のニコニコペースをつかむことができたら、スロージョギングがますます楽しくなりますよ♪

途中でペースを変えることも、もちろんOK!

途中でキツいと思ったら速度を遅くして、無理のないように続けましょう!

スポンサーリンク

どのくらい走るのか

理想は週180分以上です。

週3回、1回30分~1時間も走れば、十分に体力アップ効果を期待できますよ。

最初に大きな目標を掲げすぎて、挫折してしまうのが1番もったいないです!

もし少し風邪気味で体調に不安があるときや、お天気が悪くて外に出られない日などは休みましょう。

ニコニコ続けられることが、楽しいスロージョギングの重要なキーになります。

距離ではなく時間を目標にする

スロージョギングで目標にするのは、距離ではなく時間にしましょう!

「何km走るぞ!」と距離を目標にしてしまうと、無意識のうちに歩幅が広くなり、早く達成しようと急いでしまう恐れがあるからです。

また、時間だと生活の予定に合わせてすぐに変更することもできます。

「今日はこの後予定ができたから20分だけにしよう」など、臨機応変に対応することができます。

そして、何より嬉しいのは自分の体力の変化に気づくことができる点です♡

同じコースを走った時に、「先月は30分でここまでだったのに、今はもっと走っても息が上がらない!ニコニコペースで走れている!」と、自分の体力が上がったことに気づくことができます。

自分の体力を実感するためにも、距離ではなく時間を目標にすることで得られるメリットはたくさんありますね。

体力に自信のない初心者は1分走って1分歩く

いきなり30分も走るのはちょっとハードルが高い、体力やひざに不安がある、高齢者の方などは「1分走って1分歩く」スロージョギングがオススメです♪

1分走ったら次は1分歩く(歩きながら休憩)そしてまた1分走る…と交互に行っていきます。

これを20回行えば20分間走ったことになりますし、30回行えば30分間しっかり走れたことになります。

また、この「1分走って1分歩く」は、スロージョギング熟練者や体力に時間のある人でも活用することができます。

それは、まとめて時間を捻出するのが難しい人。

1度に30分の時間をまとめて取るのが難しい場合は、休憩時間や空いた隙間時間に1分ジョギングをコツコツと積み重ねることでも効果は十分に得られます。

スポンサーリンク

おわりに

いかがでしたか?

  • 速い速度で歩こうとすると競歩のようになってしまい、体中のあちこちがキツくなってしまいますが、
    遅い速度で走る場合、動作に無理が生じないのでラク。

  • 自分の体力に合わせて自由に速度を調整できる。

  • 同じ速度で歩くよりもより多くのエネルギーを消費する。

この3つの理由から、スロージョギングの良さについて紹介してみました!

こたくんファミリー
こたくんファミリー

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました!

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
この記事を書いた人は・・・
こたママ

30歳、ブログ運営で収入を得たい!専業主婦です。

お花が咲いたま♪埼玉県に同学年29歳の夫と、9歳の愛犬と一緒に住んでいます。
現在結婚1年目、大好きな夫と甘えんぼの愛犬と少しも離れずに生活したくてブログ運営をはじめました。
外で雇われずに2人と1匹、生活できるかな?

何度も同じ本を繰り返し読む読書が大好きです。
犬の鳴き声「わん」と私がブログを書く原動力となっている本(BOOK)を組み合わせて「わんブック」と名付けました。
共立女子短期大学卒業。

軽度うつを経験し文章から離れていた時期もありましたが、やっぱり文章を読むのも書くのも好きで、ブログ運営を毎日楽しんでいます。

2019年6月 わんブック運営開始

こたママをフォローする
未分類
わんブック
タイトルとURLをコピーしました