【存在給】心屋仁之助「一生お金に困らない生き方」【書評Lv.34】

この記事は約3分で読めます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

この記事は、「お金に困っている」人のために書きました。

  • お金の悩みが尽きない
  • お金に振り回されている
  • お金のことで不安

お金に余裕を持ちたい!あなたへ。

お金持ちになれたらいいなって思いますよね。

こたママ
こたママ

こたママも、いつも思っています。

でも、思っている・願っているだけじゃやっぱり、遠い夢のままなんです。

そこで今回この記事では、お金に関する本の中で私が「これはスゴい!」と思った本を紹介したいと思います。

PHP研究所発行 心屋仁之助『一生お金に困らない生き方』(2015年)

一生お金に困らない生き方【電子書籍】[ 心屋仁之助 ]
created by Rinker
¥1,100 (2019/12/10 00:15:15時点 楽天市場調べ-詳細)

この本はお金儲けのやり方を書いた本ではなく、お金持ちになる「あり方」が書いてある本です。

お金に対する心のあり方が変わると、お金に支配されて不安になったり、お金の心配をすることが少しずつ減っていき、がんばらなくてもお金に余裕のある毎日を送ることができるようになります!


今日はこの本の中から、誰でも簡単にできて・効果があるもの1つをギュギュギュッと絞って紹介します。

スポンサーリンク

お金持ちの「あり方」これだけ押さえれば大丈夫!
存在給

「存在給」とは、私やあなたが「存在するだけ」でもらえるお金のことです。

存在しているだけで、何も生み出さないし何もしない、ただ寝ているだけの状態の自分に、いくらの価値があると思いますか?

1カ月何もしないで、いくらお給料をもらえると思いますか?

それがあなたの「存在給」だと心屋仁之助さんは言っています。

そして、お金持ちはこの「存在給」が高いのです!

何もしない自分でも価値がある、価値が高いと思っている人のところにお金はやってくるそうです。

こた
こた

えええ〜????

私も最初は半信半疑でした。

だって、何もしないのにお金をもらえたら「努力」とか「労働」なんて、誰もしなくなるじゃないですか。

心屋仁之助さんは、お金持ちの奥さんに例えて話してくれています。

お金持ちの奥さんは、たくさんのお金を毎月当たり前のようにもらう生活の代わりに、大変な努力や労働をしていると思いますか?

もしかしたら、家事などはお手伝いさんにお任せしているかもしれないし、特に何もしていないかもしれない。

それでも、奥さんはお金持ちです。

「存在給」ってそういうことらしいです。

こた
こた

わかるようなわからないような…。

自分はお金をもらうに値する人間だって自分自身に自信があるんです。

そしてそれは、お金持ちの奥さんだけじゃなくて今から私もあなたもみんな思っていいんです。

自分の思う、自分の価値を高めてあげる!

「存在給」を上げてあげると、お金に困らなくなるそうです。

こた
こた

な、なるほど…!

確かに、なんとなくイメージできませんか?

お金にいつも困ったり、足りない足りないって思っている人は「どうして私はこんなに努力しているのに」とか「なんであの人ばっかり」とか、自分の存在を大切にできていない気がします。

逆にお金に余裕がある人は自分に対して自信をたっぷり持っているのが想像できますよね。

そういうお金に対する気持ちの「あり方」をどんどん取り入れてみませんか?

あなたもまずは自分の存在を認めて、「存在給」を高めてみてください!

無料で今すぐできるし、何も損はしませんよ。

「存在給」を高めるために大切なのは、とにかく思い込むこと。

自分に対して温かい声をかけてあげることです。

ちょっと最初は照れくさいかもしれませんが、自信を持って!

お金に振り回されない生活をエンジョイするなら、覚えておいて損はない「存在給」のお話でした。

一生お金に困らない生き方【電子書籍】[ 心屋仁之助 ]
created by Rinker
¥1,100 (2019/12/10 00:15:15時点 楽天市場調べ-詳細)

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
この記事を書いた人は・・・
こたママ

30歳、ブログ運営で収入を得たい!専業主婦です。

お花が咲いたま♪埼玉県に同学年29歳の夫と、9歳の愛犬と一緒に住んでいます。
現在結婚1年目、大好きな夫と甘えんぼの愛犬と少しも離れずに生活したくてブログ運営をはじめました。
外で雇われずに2人と1匹、生活できるかな?

何度も同じ本を繰り返し読む読書が大好きです。
犬の鳴き声「わん」と私がブログを書く原動力となっている本(BOOK)を組み合わせて「わんブック」と名付けました。
共立女子短期大学卒業。

軽度うつを経験し文章から離れていた時期もありましたが、やっぱり文章を読むのも書くのも好きで、ブログ運営を毎日楽しんでいます。

2019年6月 わんブック運営開始

こたママをフォローする
書評
わんブック
タイトルとURLをコピーしました