【ブログ運営で解説】山口真由「天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。」【書評Lv.33】

この記事は約5分で読めます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • ブログ記事を書くのがつらい
  • 書きたいのに、何から手をつけていいかわからない

今までは書けていたのにうまく書けなくなって、ブログのことでスランプのように悩んでいる人にオススメの記事です。

ブログを書いて生活していけたらいいなと思う気持ちでブログを始めたこたママですが、最近つらいことがあります。

自分が好きで始めたはずのブログなのに、思うように進まなくてイライラしたり、文章が突然書けなくなって「しんどい・・・辞めたい・・・」と思う気持ちが度々訪れるのです。

その度になんとか気持ちを紛らわしてきたけれど、ブログを嫌々書くようなことはしたくないから、自分が楽しく継続できるような方法を探していました。

そこで見つけたのが、努力を続けられる方法をまとめた1冊。

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。 [ 山口 真由 ]
created by Rinker
¥880 (2019/12/10 05:11:31時点 楽天市場調べ-詳細)

扶桑社発行 山口真由『天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。』(2014年)

今回はこの本を参考にしながら、ブログを楽しく書き続けるための方法をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

スケジュール管理

厳しいスケジュール管理はやめよう

厳格なスケジュール管理を立てることを、山口真由さんは「無駄な作業」と言っています。

こたママ
こたママ

私も、その意見に同意です。

体調や精神面の浮き沈みを考慮しないで立てるスケジュールは、オススメできません。

例えば、「毎日3記事を月曜から金曜まで書く!土日の休みは時間があるから、5記事は書こう!!」などのことです。


こたママもいつも張り切ってスケジュールを立てるのが好きです。

でも、それはヤル気がみなぎっている時だけで、実際はスケジュールを立てた自分に満足しているだけな気がいつもしていました。

実際に動いてみると、その気になれなかったり体調が良くなかったり、結局自分の立てたスケジュールを予定通りにできない自分にイライラしたり落ち込むだけでした。


それもそのはず。

厳格なスケジュールはどうしても「減点方式」になってしまうのです。

最初にハードルを上げていた分、達成できるのが当たり前、達成できなかった場合はどんどん減点されていくのです。

これは落ち込みます。

精神的に良い影響があるはずありません。


「じゃあ、スケジュールは白紙でいいの?どうすれば自己管理できるの?」

山口真由さんは「外圧」を利用する方法をオススメしています。

外圧を利用しよう

ブログを新規作成したら、さっそく予定公開日を決めて予定投稿」ボタンを押してしまいましょう!

予定日になったら自動的に公開されてしまうので、有無を言わさずその日・その時間までに記事を書くことになります。

中途半端な文章を載せてしまったら、読者の信用がなくなってしまう・・・!

SEO的に問題がある・・・!

その心理を利用して、どんどん行動するようにさせてしまうのです。


この方法、かなりオススメです。

私もこの記事から取り入れているんですよ。

いざ行動してしまえば、手が動き出すはずです。

スポンサーリンク

陽のあたる努力をする

努力するなら影の努力ではなく、陽のあたるところで人に見せるように努力しよう!と山口真由さんは言っています。


それはなぜか。

人は「努力したこと」そのものを評価してくれるところがあるからです。

ブログを書き続けていると、どうしても影の努力の部分が大きいと思います。

記事を公開するまでは、どんなに悩んだりどんなに苦しんでも誰にも何も伝わらないのです。


でも、あなたが努力して書いた文章はどんなに自分でちょっと納得がいっていなくても、後悔してしまうべきです!

うまく書けなくても、「努力したこと」は表に見えるようになります。

そのことで、少なからずファンが増えてくれる可能性ができます。


影でずっと努力せず、どんどん公開して自分の努力を陽のあたるところに見せましょう!


ライバルとの戦いにする

努力を続ける際に最もやってはいけないのは「自分との戦い」にすることだそうです。

よっぽどストイックでアスリート型な人でないと、続けられなくなってしまう可能性が高いのです。


そこで、ライバルを見つけることをオススメします。

ネットで検索すれば、あなたと同じようなブログを書いている人がすぐに見つかると思います。

その人が毎日ブログを必ず更新しているなら、あなたも負けないように更新を続ける!

その人が毎日1記事なら、あなたは2記事書いてみる!

ドメインランクを調べてあなたと同じレベルのブログを見つけたら、どちらがより早くレベルアップするか定期的に確認してヤル気を出すなど、ライバルを自分で決めてうまく戦っていきましょう。


こたママ
こたママ

私のこのブログ「わんブック」のライバルになってくれるブログ・ブロガーさんも募集中です♪


質より量のハードル

自分にハードルを課してみましょう。

そのハードルは質ではなく、「量」を具体的に決めたものにします。

 例えば
NGなハードル:「1時間集中してブログ記事を書く」
OKなハードル:「1時間で1記事書き上げる」

「集中して」など質の問題になると、加減を自分の主観で途中で変えることができてしまうので、「1記事を書き上げる」と量を決めてしまうことが大切です。


そして、ハードルを5%超えた位置まで飛び越えるのが目標です。

上記のハードルなら、「1記事を書き上げる+次の記事のテーマを決める」など、自分の能力でできる範囲のハードル+もうひと踏ん張り5%を目指しましょう!

スポンサーリンク

努力を続ける方法のまとめ

ブログを楽しく書き続けるための方法をまとめてみましたが、いかがでしたか?

私が1番これは効く!!と思ったのは、「外圧(予約公開)」ですね。


これからも何度も何度も壁にぶつかってつらい思いをすると思いますが、読んでくださる人にも・自分のためにもなるブログ記事を書いていきたいと思っています。

ブログを始めて後悔したことは1度もないし、どんどん成長できているって感じられています。
あなたの悩みを少しでも解決できていたら、嬉しいです。

こたくんファミリー
こたくんファミリー

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
この記事を書いた人は・・・
こたママ

30歳、ブログ運営で収入を得たい!専業主婦です。

お花が咲いたま♪埼玉県に同学年29歳の夫と、9歳の愛犬と一緒に住んでいます。
現在結婚1年目、大好きな夫と甘えんぼの愛犬と少しも離れずに生活したくてブログ運営をはじめました。
外で雇われずに2人と1匹、生活できるかな?

何度も同じ本を繰り返し読む読書が大好きです。
犬の鳴き声「わん」と私がブログを書く原動力となっている本(BOOK)を組み合わせて「わんブック」と名付けました。
共立女子短期大学卒業。

軽度うつを経験し文章から離れていた時期もありましたが、やっぱり文章を読むのも書くのも好きで、ブログ運営を毎日楽しんでいます。

2019年6月 わんブック運営開始

こたママをフォローする
書評
わんブック

コメント

タイトルとURLをコピーしました