ウミガメのかわいい赤ちゃん!性格は人懐っこい?種類や寿命

この記事は約4分で読めます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を読むと、ウミガメの孵化から沿岸生活までの経緯が分かります。

ウミガメの性格は人懐っこく可愛らしい!

種類と寿命もまとめてみました。

スポンサーリンク

◆ウミガメとは

もともと陸に住んでいたカメが海へ進出してウミガメとなりました。

しかしずっと海だけで生活できるわけではなく、ウミガメの卵は海の中では死んでしまうので、砂浜に上陸して産卵をします。

◆ウミガメの赤ちゃん

◇孵化と性別

卵は約2ヶ月かけて、砂の中で孵化します。

ふ化は24℃から32℃の間で進行し、この温度幅から外れるとほとんどの赤ちゃんは残念ながら死んでしまいます。

孵化に最適な温度は27℃前後と言われているそうです。

ウミガメの性別は卵の時の温度で決まります。

29℃を境にして、29℃よりも高いとメス、低いとオスになります。

◇外洋生活と沿岸生活

砂の中で孵化した赤ちゃんは夜になると一斉に脱出します。

砂中の赤ちゃんは、砂の温度が低くなっていることを察知し、夜であることを確かめます。

脱出した赤ちゃんは光をたよりに海の方向へ向かいます。

紫外線が見えるため、海の方向が夜でも明るくよく見えると考えられています。

赤ちゃんは、約2日もの間、ひたすら沖に向かって泳ぎ続けます。

これはフレンジーと呼ばれる状態。

赤ちゃんが外洋に移動するために必要な行動です。
外洋・・・広々とした外海(そとうみ)のこと

その後、体が成長して甲羅の長さが40㎝になると沿岸生活を始めます。
沿岸・・・海、川、湖の陸地に近い部分、岸のこと

◇謎に包まれた外洋生活

では、甲羅の長さ30㎝以下のウミガメはどこにいるのか?どんな生活をしているのか?その生活は謎に包まれています。

2012年フロリダ半島周辺では、外洋で流れ藻とともに生活していることが報告されました。
この報告により、ようやく外洋生活の一端がわかりました。

この外洋生活期中のウミガメに出会うことは困難で、謎が多い期間です。

スポンサーリンク

◆ウミガメの性格

海中でダイバーと戯れて遊ぶ写真や話がたくさんネット上にあることから、とても人懐っこい性格であることが分かります。

こた
こた

人見知りもしないのかな?

◆ウミガメの種類

◇世界のウミガメ

世界には8種類のウミガメがいます。

◇日本に住むウミガメ

日本に住むウミガメ6種類

  • アカウミガメ
  • アオウミガメ
  • タイマイ
  • ヒメウミガメ(珍しい)
  • オサガメ(珍しい)
  • クロウミガメ(珍しい)

ヒメウミガメ、オサガメ、クロウミガメの3種類は日本では珍しいウミガメで、年に数回しか確認されません。

ウミガメは種類によって、生活場所と餌が違います。

◆ウミガメの寿命

◇推定でしかわからない現状

推定寿命はアオウミガメ、アカウミガメで70~80年ぐらい、タイマイで30~50年ぐらい。

成熟した後もかなり長く生きると考えられています。

国内外を問わず様々な研究がなされていますが、木の年輪のように、はっきりとした年齢を特定できる部分が少ないため、調べるのが困難なのです。

飼育下では、徳島県の「日和佐うみがめ博物館カレッタ」で昭和25年(1950)生まれのアカウミガメ「浜太郎」が今も健在です。

◆かわいいツイートまとめ

◆まとめ

いかがでしたか?

謎に包まれたウミガメの生活はとっても気になりますね・・・。

これからの研究が楽しみです。

こたくんファミリー
こたくんファミリー

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

参考元サイト
http://www.kuroshima.org/pg324.html
http://www.umigame.org/J1/umigame_q_a.html
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20131122/374606/

スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いた人は・・・
こたママ

30歳、ブログ運営で収入を得たい!専業主婦です。

お花が咲いたま♪埼玉県に同学年29歳の夫と、9歳の愛犬と一緒に住んでいます。
現在結婚1年目、大好きな夫と甘えんぼの愛犬と少しも離れずに生活したくてブログ運営をはじめました。
外で雇われずに2人と1匹、生活できるかな?

何度も同じ本を繰り返し読む読書が大好きです。
犬の鳴き声「わん」と私がブログを書く原動力となっている本(BOOK)を組み合わせて「わんブック」と名付けました。
共立女子短期大学卒業。

軽度うつを経験し文章から離れていた時期もありましたが、やっぱり文章を読むのも書くのも好きで、ブログ運営を毎日楽しんでいます。

2019年6月 わんブック運営開始

こたママをフォローする
雑学
わんブック
タイトルとURLをコピーしました